エコジオ工法とは

環境に優しい砕石の地盤改良工法

エコジオ工法とは

最近、環境や土地の資産価値などの規制の変化により、住宅などの小規模な地盤改良工事において、砕石を用いる地盤改良工法が急速に増加しています。
しかし、従来の技術では、掘削に伴う孔壁の確実な崩壊防止が困難でした。
エコジオ(※)工法は、独自開発のEGケーシングにより孔壁の崩壊を防ぐとともに、簡単な操作で常に安定した品質を確保できる、画期的な地盤改良技術です。
※商標登録第5246930号

エコジオは三重大学との共同研究の成果に基づいた砕石地盤改良技術です。

地球環境の保全

エコジオ工法は、自然素材の砕石だけを使用する地盤改良技術。施工中も廃棄物が発生せず、他の素材に比べCO2の排出量も大幅に削減できます。エコジオ工法は、私たちの子孫のために今使う、地盤改良技術です。

地盤の環境を守ります。CO2排出削減

土地の価値を守る

「地中埋設物」や「土壌汚染」は、地価を下げる可能性※があります。砕石だけを使用するエコジオ工法は、土地の価値への影響を最小限に抑えます。
※不動産鑑定評価基準(国土交通省)より

土地の資産価値を守ります。借地でも使われています。

砕石は、強い自然石

砕石は、小さく砕いた自然石です。重たい列車を支えるために、線路の下には砕石が使われています。また、多くの歴史的な建造物にも自然石が使われています。砕石の強度は、ほとんど劣化せず、長期的に強さを保ち続けます。

砕石は小さく砕いた自然石を使用線路枕木の下にも使われています

安定した品質(業界初「EGケーシング」が穴の崩壊を防止)

施工中に掘削した穴が崩れ砕石に土が混ざると、砕石抗が弱くなります。エコジオ工法は、独自開発のEGケーシング(特許取得済)を使ってこれを防止することに成功。地下水のある軟弱な地盤でも、掘削した穴を崩さず、品質の安定した砕石抗をつくることができます。

ケーシングを使わない施工
EGケーシングによる施工

液状化対策にも利用できる

砕石を用いる液状化対策工法は、以前から堤防やビルなどで使われてきました。エコジオ工法も、液状化対策として住宅、公共工事で利用されています。

※エコジオ工法を液状化対策として用いる場合は、液状化対策のための地盤調査を行うとともに、専用の設計基準を用いることが必要になります。

液状化からも守ります。

詳しくはこちらから!

  • 三重大学との共同研究

    三重大学との共同研究

    技術開発から、全国各地での地盤改良効果の検証に至るまで三重大学と共同研究。

     

  • 公的認定・特許

    公的認定・特許

    品質の高さが、公的に認められています。

     

  • 液状化対策

    液状化対策

    「液状化対策工法 設計・施工マニュアル(案)」に基づき設計・施工を行います。

     

  • 地盤保証

    地盤保証

    エコジオ工法は、大手地盤保証会社の「地盤保証」が適用されます。

     

  • 学会発表・論文

    学会発表・論文

    地盤工学会、建築学会などで研究成果を発表。

     

お問い合わせ電話番号:0598-46-0121
お問い合わせフォーム
資料請求

●砕石地盤改良工事「エコジオ工法」。世界初のケーシングを使う、住宅・土木用の高品質な地盤改良工事です。